【決定版】ベイトリールに巻いてもバックラッシュしにくいおすすめPEライン5選

PEラインベイトリール
スポンサーリンク

どーも。

今回もベイトリールについてですが、今回はPEラインについてです。

ベイトリールでのソルトルアーフィッシングを始めて1番最初に誰しもがぶち当たる壁がバックラッシュと高切れですよね。

何度か取り上げているベイトリールにPEラインという組み合わせですが、どうしてもトラブルが起きやすいです。

以前には、PEラインが使いやすいベイトリールやPEラインでバックラッシュをしないためのキャスティングなどを解説してきましたが

今回はPEラインについてです。

PEラインでのベイトキャスティングで高切れでいくつもルアーをロストしてしまった方やバックラッシュの連続でせっかくの休日が台無しになってしまっているそんな方にむけて

 

ベイトキャスティングにピッタリなPEラインをご紹介させて頂きます。

 

スポンサーリンク

ベイトのキャスティングゲームに向くPEラインとは?

まず、どんなPEラインがベイトキャスティングに向いているのかと言うと

・ライン自体が硬く、ハリが強いこと
・表面が滑らかで抵抗が少ないこと
・低価格であること

この3点が重要な点です。

ハリのあるラインはバックラッシュしにくい

1つめのラインが硬く、ハリが強いラインは何度か説明してきたPEライン特有のバックラッシュ格段に軽減することが出来ます。

ラインが硬くハリが強いとラインが浮き始めてもラインが暴れにくく、スプールがロックされにくくなります。

ある程度ベイトリールの経験がある方な体験したことがあると思うのですが、モノフィラ系のラインでキャストした際にブレーキが若干弱くラインが多少浮いたけど問題なくキャスト出来た経験があると思います。

これはモノフィラ系のハリの強さが要因で、ラインは浮くけどハリの強さのおかげでラインが左右に暴れないのでラインが絡まず、スプールがロックされないのです。

一方でスピニングに巻くPEラインとして人気のしなやかでハリのないラインはラインが浮き始めるとすぐにラインが左右に暴れてライン同士が絡んでしまい、スプールがロックされます。

ハリの無いしなやかなラインはスピニングリールにおいてはトラブルレスかつ飛距離の出る非常に高性能なラインなのですが、ベイトリールにおいては向かないラインです。

 

飛距離を出すための表面が滑らかなライン

ラインの表面が滑らかだとガイドとの摩擦抵抗を減らすことが出来きるため、飛距離が伸びます。

4本撚りと8本撚りのラインで8本撚りのラインの方が飛距離が出るのもこの理由です。

8本撚りの方がより真円に近いため、表面が滑らかになり抵抗が減るというわけです。

つまり、飛距離をとるなら8本撚りでトラブルレス性能を重視するなら4本撚りという事です。

1点注意が必要なのは8本撚りは飛距離は伸びますが、撚ってある糸の本数が増えるので原糸一本当たりの強度が低下してしまいます。

 

スピニングより巻替えのタイミングは早い

どんなにキャスティングがうまい方でも、ベイトリールを使う上ではバックラッシュと高切れはつきものです。そのためスピニングと比較してラインの巻替えの頻度が高くなります。

なので、あまり高価なラインを使用してると、お財布に大きなダメージがあったり

それが原因でちゃんとしたキャストが出来ない可能性もあり得ます。

なので、比較的価格の安いコスパの良いラインがベイトリールには適しています。

 

DUEL HARDCORE X-FOUR

PEライン

とりあえず、PEラインでのベイトキャスティングを始めてみたい方にはこれがおすすめです。

ちょっとバリエーションが少ないのが難点ですが、強すぎないハリと価格の安さが光る超コスパの高いラインです。

4本撚りのラインにしては表面も滑らかで、4本撚りの中ではわりと飛距離も出る印象です。

感度や直線強度なども、PEラインとして及第点を上げられる性能があり、お値段もPEラインとしては最安値クラスの超コスパラインです。

とりあえず、これを買っておけば問題無し!と言った超オススメラインです。

 

 

DUEL Super X-wire4

PEライン

とにかくバックラッシュしたくないならこのラインがおすすめです。

とにかくハリが強く、バックラッシュが起きにくいラインです。

バックラッシュが起きにくいのはいい事なのですが、使い始めの最もハリが強い時はハリが強すぎてバックラッシュをするとモノフィラ系のラインでバックラッシュした時のような強めのバックラッシュを起こしやすいです。

なので、2~3日程度はスプールに巻いた状態でなじませるのをオススメします。

よく、PEラインはバックラッシュすると再起不可能になるといいますが

個人的な経験からするとPEラインの方が解きやすいですし、よほどのミスキャストをしない限り再起不能なバックラッシュはほぼ起きません。

再起不能になるようなバックラッシュなら、モノフィラでも再起不能になっているはずです。

バックラッシュを解くのはモノフィラ系の方が解きにくいし、派手にバックラッシュする印象です。

 

ある程度馴染んでしまえば、バックラッシュが少なく起きても解きやすいトラブルレス性能が高い良いラインです。

ハードコアX4ほどではありませんが値段が安いのもおすすめ出来る点です。

バックラッシュに困っている方にはおすすめです。

DUEL Super X-wire8

PEライン

ある程度PEラインでのベイトキャスティングに慣れてきた方向けのラインです。

トラブルレス性能に飛距離に加えて感度や耐摩耗性などの性能のバランスが良く値段も8本撚りにの中では手ごろです。

若干他メーカーの8本撚りより強度が低いですが、ベイトリールに巻くある程度太目のラインであれば特に問題にはならないと思います。

私も一番使用頻度が高いラインで、慣れてきたらコレ!といったラインです。

 

バークレイ Super FireLine

PEライン

これもハリが強くトラブルの少ないタイプのラインです。

タックルベリーで安売りされているのでセールの時にまとめ買いしておくと非常にコスパが良くなります。

ライン表面が若干凸凹がありハード系のコーティングをしていますが、それなりに滑りは良好なので飛距離も4本撚りのラインに比べると良好ですがコーティングがはがれやすいのが難点ですが値段が安いのですぐ巻き替えられます。

 

 

YGKよつあみ G-soul Upgrade PE X8

PEライン

スピニングの釣りでは非常に愛用者が多いラインだと思いますが、飛距離を重視するならベイトリールにもおすすめです。

これまで紹介したラインと比べるとハリが弱くしなやかなタイプのラインですが、適度にハリも残っているのでPEラインのキャスティングに慣れてくれば問題なく使えるラインです。

しなやかで、コーティングの質も良く非常に飛距離の出やすいラインですがコーティングがはがれやすいのが難点です。

感度も耐摩耗性も抜群な一方で、値段がそれなりにするのがネックですが大規模河川などの飛距離の必要な釣りでは非常におすすめなラインです。

ベイトリールで誰よりもぶっ飛ばしたいんだ!と言う方には一番オススメのラインです!

 

まとめ

如何だったでしょうか?

今回はベイトリール向けのPEラインについてご紹介したしました。

皆さんの参考にならば幸いです。

以前のPEライン向けにベイトリールとキャスティングの記事はリンクを張っておきますので

バックラッシュにお悩みの方は下記のリンクも参考にしてみてください。

ベイトタックルは飛ばない?ベイトタックルでかっ飛ばす3つのポイント!
ベイトタックルは飛ばないって言いますよね? でも、実はちゃんとしたキャストを身につければベイトでもスピニングと同等に飛距離を出すことが出来るってご存知ですか?
PEでもバックラッシュ・高切れしないベイトリールを徹底解説【ベイトシーバス】
ベイトリールにPEラインを巻くとどうしてもトラブルが多くなりますよね? そこで、今回はトラブルが起きに聞いリールについてまとめてみました。

 

コメント