湾奥シーバスにドンピシャ!スコーピオン2831R-2をレビュー!

スコ-ピオン2831Rシーバス
スポンサーリンク

どーも。

少し間が空いてしまいましたが、今日はロッドのレビューです。

今回はスコーピオン2831R-2のレビューです。

個人的にはスコーピオン2832RSがシーバスには若干オーバーパワーだったので、非常に心待ちにしていたロッドです。

昨年発売された2832RSとの比較も合わせてレビューしていきたいと思います。

2832RSのレビューもリンクを貼っておきますので、参考にしてみてください。

待望のスコーピオン2832RS-2を徹底レビュー
待望のスコーピオンシリーズのロングロッド2832RSを購入したので、早速レビューしていきます。 購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。
スポンサーリンク

まずはカタログスペックから

まずは2832RSと比較しながら、ざっくりとカタログスペックからご紹介

全長仕舞自重ルアーウェイト適合ライングリップ長カーボン
含有率
2832RS-22.51m130cm152g7〜30g10~24lb307mm99.6%
2831R-22.51m130cm150g5-15g5-12lb307mm98.5%

カタログ値を比較してみると、2832RSと比較してかなりライトな印象を受けます。

対応ルアーウエイトの下限は2gしか変わっていませんが、上限は15gとなり大幅に減っていますし
適合ラインも大幅に細いラインが推奨されています。
この辺りを見るとスペックからはかなりライトになったなーと言うのが素直な印象です。
ただ、実際にロッドを振ってみると「この数値決めたやつ出てこい!」と言いたくなるぐらい全く別の印象を受けるロッドでした。
その辺りを詳しく解説していきたいと思います。

軽いルアーは格段に投げやすくなった!

軽量ルアー

2832RSを使っていて一番の泣き所だったのが10g以下のルアーが若干扱いにくい事でした。

具体的には画像のような7~8cmより小さいプラグや、エリテンなどの一部のバチ系ルアーなどのルアーがキャストは出来るけど、快適かと聞かれると・・・と言った具合でした。

詳しく説明すると、ルアーが軽いためテイクバックだけではロッドを曲げるには不十分なのでスイングスピードを上げてロッドを曲げようとするのですが

レギュラースローのテーパーが邪魔をしてスイングスピードを相当に上げないと、ロッドを曲げこむことが出来ません。

ロッドが曲げにくいので飛距離が出しにくいですし、スイングスピードを無理やりあげるのでどうしてもコントロールも低下してしまいます。

近距離のキャストも同様で橋脚のピンスポットをねらったり、岸壁のキワを打っていくようなキャストは相当気合を入れてやる必要がありました。

ですが、2831Rはこの辺りの軽めのルアーのキャストが格段に快適になっています。

テーパーがレギュラーになったこともあり7gを切るようなプラグもテイクバックだけできれいにロッドが曲がってくれて飛距離もコントロールも格段に向上しています。

なので、軽量プラグを使ったピン打ちの釣りやバチやマイクロベイトの釣りにもピッタリです!

28gまでフルキャスト可能!

 

スペック比較

スペック上のルアーウエイトの上限は15gとなっていますが、28グラムまで余裕でフルキャスト可能です。

ほぼ倍までフツーにキャスト出来てしまいます。

(スコーピオンがすごいのか、スペックを設定したスタッフに問題があるのか分かりませんがスコーピオンやワールドシャウラではいつもの事なので特に気しても仕方がない事なのですが。。。)

なので、5-28g辺りが実質的なキャスト可能なルアーウエイトだと思います。

一番快適なウエイトは10-24gあたりでこの辺りはテーパーがレギュラーになったことも相まって非常に気持ちいの良いキャストフィーリングと飛距離を体験出来ます。

 

だいぶライトになったけどガイドは2832RSと多分同じ

2831ガイド

ロッド自体はかなりライトになりましたが、ガイドは2832RSとおそらく全く同じガイドが搭載されています。

だいぶロッドがライトになったので、もう少し細いライン向けのガイドにした方が良かったという声もあるかもしれませんが

そうするとスコーピオンのコンセプトとずれてしまうという判断なのでしょう。

 

シーバスにはドンピシャなスペック

今回発売した2831Rは個人的にはシーバスにドンピシャです!

2832RSもそれなりに快適なのですが、シーバスには若干オーバーパワーです。

荒川,シーバス,ランカー

画像は先日荒川で釣ったランカーシーバス(81cm)なのですが、このサイズが2832RSは楽勝です。

体高も高く、太いかなりグッドコンディションの1匹でしたがこの個体でも2832RSではオーバーパワーだなーと感じるレベルです。

なので、これよりライトな2831Rが発売されないかなーとずっと思ってたところに今回2831Rが発売されて飛びついたというわけですw

スコーピオン2831R-2【総合評価】

特筆すべき点はやはり、2832RS同様にキャストフィールと飛距離です。

2832と比較してライトになっていわゆる湾奥のシーバスにはドンピシャな調子になった事と

ライトになったのに、2832RSと同様の大口径ガイドがそのままついているので

抜群のキャストフィールと飛距離を体験できます!

感度に関しては殆ど変わりません。
2832RS同様値段なりで、可もなく不可もなくと言った感じです。

これ以上の感度を求めるなら、ワールドシャウラなりエクスセンスを買うべきですね。

 

やっぱり9フィート以上も欲しい…

以前の2832RSの際にも書きましたが、シーバスで使うならもう少し長いモデルも欲いです。

ただ、発売されないと思うんですよねー。

昨年秋にワールドシャウラBGが発売されたので、ここでスコーピオンからロングロッドが出ればそちらの売り上げに影響出るはずです。

欲しいという声は沢山シマノに届いているはずですが、出るとしてもモデルの最終のころになるんだろうなーと勝手に妄想しております。

発売されないのなら

なので、さっさと2832RSないし2831Rを買っちゃったほうがいいと思いますよ。

非常に良く出来た、間違いない一本ですよ。

 

まとめ

如何だったでしょうか?

今回はスコーピオン2831Rの初期レビューでした。

本当は魚を釣ってからレビューしたかったですが、我慢できませんでした。

皆様の参考になれば幸いです。

2832RSのレビューもしております。
こちらも参考にしてみてください。

待望のスコーピオン2832RS-2を徹底レビュー
待望のスコーピオンシリーズのロングロッド2832RSを購入したので、早速レビューしていきます。 購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

 

コメント