【コスパ抜群】2020年上半期買ってよかった釣具たちベスト5をご紹介!

釣具レビュー
スポンサーリンク

どーも。

あっという間に、9月です。

いわゆる上半期が終わろうとしている訳ですが、今年もこの半年で色々な釣具を買ってきました。

買ってよかったな!というものから

うーん・・・買わなければよかったなーと言うものまで

沢山釣具を買ってきました。

今日はそんな上半期に買った釣具の中で特に皆さんにも是非使ってほしいと自信をもってオススメ出来る5アイテムを紹介させて頂こうと思います。

(今年発売したモノではなく、私が今年購入したモノのランキングになります。)

スポンサーリンク

第5位 Fishing Fighters 鉄腕スナップ

鉄腕スナップ

第5位はFishing Fightersの鉄腕スナップです。

私は長らく、スミス製のクロスロックスナップかウォーターランドのスーパースナップを使用してきました。

おそらく10年以上この2社のスナップを溺愛してきました。

強度が高く、信頼性のあるこの2つのスナップを溺愛してきたわけですが

今年の春のバチ抜けのシーズンからこの鉄腕スナップを使い始めました。

というのも、バチの釣りでは出来るだけ小さいスナップを使いたいのですが

スナップを小さくするとルアーの動きが悪くなるし、強度も当然低くなります。

大きいサイズも望める早春の釣りではスナップの強度も欲しいというジレンマがあったわけですが

この鉄腕スナップがそんな問題を一気に解決してくれました。

まず強度ですが、もっともサイズの小さい#0000番のスナップが20lbです。

他社製品であればそもそも同サイズの製品がラインナップにない商品も多く、あってもライトゲーム向けで10~15lbクラスまでが多い印象です。

また、スナップの幅が広いラウンド型のスナップなのでサイズが小さくなってもルアーの動きを邪魔しないので軽量でアクションもおとなしいバチ系のルアーに非常にマッチするスナップです。

#0000番以外のラインナップは#000番35lb・#00番50lb・#0番65lb・#1番90lb・#2番100lb・#3番120lbとライトゲームからビッグゲームまで対応できるラインナップなのでどんな釣りにも対応できます。

強度が高いので、通常より1サイズ小さいスナップを選択できるので今ではすべて鉄腕スナップを使用しています。

1つ難点を上げると他のスナップに比べてちょっとお高い点です。

250円程度のスナップが多い中で鉄腕スナップは税込みで380~420円ほどで販売されています

スナップとしてはいいお値段ですが、一度使うと他のスナップを使う気にならなくなるほどオススメ出来るスナップです!

第4位おたふく手袋 ボディータフネス冷感パワーストレッチアームカバー

 

第4位はおたふく手袋のボディータフネス 冷感 パワーストレッチ アームカバーです。

今もまだ猛暑がつついておりますが、今年の夏は非常に暑い!

そんな中での釣りを何とか快適に出来ないかという事で購入したのがおたふく手袋のボディータフネス 冷感 パワーストレッチ アームカバーです。

おたふく手袋をご存知ない方も多いと思いますが、創業は大正15年の老舗メーカーで作業用の手袋からカジュアル向けのインナーまで製造販売している知る人ぞ知るメーカーさんで

近年はスポーツ向けのコスパに高い高機能インナーを製造しており、注目されているメーカーです。

私はロードバイク等のスポーツ自転車にも乗るのですが、おたふく手袋さんの冬物のインナーが非常に素晴らしく愛用しているので、これも期待できる!と購入に至りました。

商品の出来は想像通り100点満点のデキです。

良く伸びて、しっかり汗を吸ってくれて冷感機能の方も実感出来ます。

荒川などを自転車でランガンしたり、風が吹いてくるとより冷たく感じて真夏の炎天下では非常に心地よいですし

持ちろんUVカットなので日焼け対策にもなります。

縫製もしっかりしていて、気になるようなほつれ等もありません。

これだけ高性能なアイテムなのですがもっとも気に入っている点は値段です。

2020年9/8現在で私の購入したMサイズのブラックが何と753円です!

コスパ抜群!文句なしです

 

シマノ 20ゾディアス 1610M-2

ゾディアス

第3位はみんなが待ってたシマノの20ゾディアス1610M-2です。

おそらく、今年一番売れたことになるであろう20ゾディアス1610Mの2ピースモデルです。

私自身は殆どバス釣りをしないのですが、荒川上流域ので小場所のやボートシーバスやボートロックフィッシュ用に使いたいなーという事で購入に至りました。

肝心の使用感は一言でいうなら、もう全部これで良いじゃん!です。

詳しい使用感等はレビュー記事を下に貼っておくのでそちらを見て頂くとして、ミノーやバイブレーション系の巻きの釣りから、ファーストテーパーを生かしたワーミングも出来ますし

32mm以下のベイトフィネス系のリールを合わせれば、ベイトフィネスにも対応できる

非常に対応幅の広いなんでもロッドです。

さすがにエリアトラウトなどには厳しいですが、バスはもちろん30cmクラスのロックフィッシュや小場所やボートシーバスなど様々なシーンで使える非常にオススメの1本です。

圧倒的コスパ!20ゾディアス1610M-2を徹底インプレ!
今回は20ゾディアス1610M-2のレビューです。 バス釣りだけでなく、ボートシーバスや小場所等のキャスト精度の求められる状況での使用のために購入しましたので 皆さんの購入の参考にしてみてください。

 

第2位 ダイワ ヒップバッグ(C)

ヒップバッグ

第2位はダイワのヒップバッグ(C)です。

このダイワのヒップバッグ本当にオススメです。

おかっぱり用のバッグを探している方には是非使ってほしいバッグです。

何がすごいかというと、細かいとこまでしっかりと作り込んであるです。

シマノやアブのバッグも使ってきましたが間違いなくこれが一番使いやすいです。

サイドのポケットや絶妙な位置にあるプライヤーホルダー等の細かなところから

や夏場の長時間の使用でも蒸れない背面のメッシュパッドや大きな開口部で大型のルアーケースも取り出しやすく

本当に考えられたヒップバッグです。

また、個人的には自転車でのランガンにも最適だと思います。

自転車釣行ではリュックは背中が蒸れて非常に不快ですし、ショルダーバックもぶらぶらと動てしまって運転の邪魔ですがこのピップバッグはしっかりと腰に固定できるので運手も快適です。

気になる収納力もご覧の通り

釣具

これだけの釣具がすんなり入ります。

詳しい内容は近いうちにレビュー記事を書きますので、そちらを参考にしてください。

 

1位シマノ スコーピオン2832RS-2

スコーピオン2832RS-2

第1位はシマノ スコーピオン2832RS-2です。

詳細な使用感はこれもレビュー記事があるので詳しくはそちらをご覧いただければと思います。

特徴を一言で言うなら抜群のキャストフィーリング!

これに尽きます。

パワーも飛距離も申し分なく非常に気持ちいの良いロッドです。

さすがに、サーフ等で使われる10フィートクラスのロッドと飛距離を比べると太刀打ちできませんが

港湾部や運河等で使うロッドを探しているならピッタリのロッドです。

待望のスコーピオン2832RS-2を徹底レビュー
待望のスコーピオンシリーズのロングロッド2832RSを購入したので、早速レビューしていきます。 購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

 

まとめ

如何だったでしょうか?

今回は4月から9月までに購入した釣具の中で買ってよかったベスト5という事で皆さんにご紹介させて頂きました。

皆さんの参考になれば幸いです。

コメント