【レポート2】釣りフェスティバル2020に行ってきました【ロッド編】

ロッド
スポンサーリンク

さぁ、リール編に引き続きロッド編をお送りいたします。

細かいことは気にぜず、本編に行きましょう!

リール編はこちらをご覧ください。

【レポート】釣りフェスティバル2020に行ってきました!【リール編】
釣りフェスティバル2020行きましたか? 地方にお住みやお仕事で行けない方向けにちょっとしたレポートを作成してみました。 ご参加できない方はぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

釣りフェスティバル2020に行ってきました【ロッド編】

ロッドの方もシマノ、ダイワ、ジャッカル、エバーグリーン、がまかつ・・・etc

本当にたくさんのメーカーの製品を見てきましたが、私の独断と偏見でピックアップしたロッドたちを紹介させて頂きます。

世界が、相手だ。New ワールドシャウラ

 

釣り竿 ワールドシャウラ

まずはシマノのワールドシャウラから。

今年の追加モデルはスピニング3モデルとベイト3モデルの合計6モデルが追加されました。

まずはベイトから。

ワールドシャウラ 釣り竿 ワールドシャウラ

まずは1832R-2から。

待ってました!ベイトのロングモデル!

しかもコルクストレート!

18年に今のモデルが発売されたときに廃止されてしまったコルクストレートですが

あまりにも、なんでコルクストレートじゃないんだ!という意見が多かったとの事で、コルクストレートに戻したとの事でした。

私もコルクグリップの方が好きなので、非常に喜ばしい変更です。

スペック的には7g~30gとなっていますが、手に取った感覚では気持ちよくキャスト出来るのは10g~40gと言った感じ。

ちょっとお値段的に手が届かなかったワールドシャウラですが、これなら清水の舞台から飛び降りるつもりで・・・

 

その他の追加モデルは15102R-3と1602SS-3の短めの2モデル

他のメーカーにはあまり見かけない6フィート以下のがそろっているのもワールドシャウラのいい所ですよね!

15102R-2の方はボートゲームでよくある、ピンポイントなキャストを求められる状況を想定したモデルとの事で

スペックは7~28gなので、ボートシーバスにぴったりの1本だと思います。

1602SS-3の方はジャーキングやトップウォーター系のトゥイッチ系が得意な設計との事でした。

お次はスピニング

スピニングの追加モデルは2702R-2、2653R-3、2750FF-2の3モデル

まずは2702R-2から。

手に持ってまず感じたのは、すごい硬いと感じました。

スペックは7~20gとなっていますが7gのキャストは相当慣れが必要な感じです。

キャストの上限も20gとなっていますが28gくらいは楽勝なくらい硬さを感じました。

バスのスピニングでやるライトリグ等は正直しんどい印象です。

逆に合いそうなのが、ボートシーバスやリーフゲームなどで15g以上のミノーやバイブレーションを使う釣りです。釣り竿 ガイド

ガイドもこれまで通り大口径なガイドが搭載されているので、飛距離も出る仕様です。

2750FFの方は、一言で言えばメバリングロッドの様なロッドです。

それくらい柔らかいロッドですが、バットのパワーはやっぱりワールドシャウラと言った感じでシマノの社員の方にティップを持ってもらってロッドを曲げた感じだと60cmくらいのシーバスくらいまでなら余裕そうなパワーがありました。

2653R-3の方は写真を撮り忘れましたが、これ、ほんとにスピニング?と思うほどのパワーで

使うシチュエーションは限られてくると思いますが、私的にはリーフゲームロックフィッシュや別売りのエクステンションバットに交換してジギングなどのパワーゲームにぴったりの1本だと思います。

 

世界を夢見るアングラーへ ワールドシャウラ ドリームツアーエディション

釣り竿

待望のワールドシャウラツアーエディションの後継機が発売されます。

世界の怪魚と戦うために飛行機内にロッドを持ち込める仕舞寸法55cm以内のパックロッドのワールドシャウラです。

ラインナップはベイト、スピニング共に3モデル。

ベイトが1603RS-5,1604RS-5,1652R-5の3モデル。

国内のバスやシーバスにも適した最もスタンダードな1652R-5

東南アジやアマゾンのビッグフィッシュねらいの1603RS-5,1604RS-5

 

スピニングはバスやトラウト向けでバーサタイルな2651R-5

リーフフィッシングに最適な2702R-5

サケやビッグトラウトに最適な2832RS-5

 

実際触ってみて気に入ったのは1652R-5と2832RS-5の2本です。

2本ともパックロッドとしては非常に軽いです。

パックロッドは強度を保つため1ピースや2ピースと比べどうしても重くなりがちですが

1652R-5は自重が117gで2ピースの1652R-3と比べても2グラムしか重くなっていません。

2グラムの差なんて実感できないので、実際は重量に変化なし!といっても差し支えないレベルです。

2832RS-5の方も同様で2832RS-2と比べて重さの違いは殆ど感じられません。

気になる自重が変わらないカラクリはどうやら、ロッドのコーティングにあるようで通常のワールドシャウラとドリームエディションではロッドのコーティングの手法が違うとのことでした。

 

ルアーフィッシングに国境は存在しない『スコーピオン』

釣り竿

ワールドシャウラの弟分にあたるスコーピオンにも新しいモデルが追加されました。

追加モデルはベイト4本、スピニング2本、パックロッド3本の計9モデルが発売になります。

ベイトロッドはパワーゲーム向けの1653RS-3,1704R-2に加え

待望の7フィート後半のロングロッドの1752R-2,17113R-2が発売されます。

個人的に1752R-2、17113R-2はどっちを買うか非常に悩ましいモデルです。

1752R-2と17113R-2では長さとしては10cm程度しか変わらないため、汎用性が高い1752に気持ちがなびいているのですが

釣り竿 ガイド

(左が17113R-2、右が1752R-2 どちらも一番根元のガイドです。)

ご覧の通り17113R-2の方が圧倒的にガイド径が大きく、飛距離の差はかなり出るはずです。

シーバス用に使うつもりなので、適合ルアーウエイトやパワー面では1752R-2がピッタリだと思いますが飛距離は確実に17113R-2です。

ただ、シーバスには若干オーバーパワーな17113R-2

どっちを買うか非常に悩みます。

 

スピニングの方は2701FF-2と2382RS-2の2本が発売されます。

ワールドシャウラでも非常に売れ筋の2711FF-2がついにスコーピオンからも発売されます。

いやー!

待ってました!

本当に待ってました!

ワールドシャウラで一番欲しかったモデルだったのですが、正直ワールドシャウラはお値段的に我慢していたのすが

スコーピオンで出してくれました。

バスに良し、クロダイに良し、シーバス、ネイティブトラウト、一つテンヤ真鯛など近海のソルトゲームの超万能ロッドです。

買うの確定です!

ただ、我慢できなくて

スコーピオンの2651R-2を11月に買ってしまったんですよねーw

2701FF-2を買うとこの2651R-2の出番が無くなる問題が・・・

 

もう1本のスピニングがこちらも待望の待望の2832RS-2!!

今まで、スコーピオンにスピニングで最も長いモデルが6フィート6インチとソルトゲームには若干短いロッドしかありませんでしたが、ようやく8フィート台のロッドが発売されます。

湾奥のシーバスゲーム用に購入確定です!

スペック的にもキャストウエイトが7~30gとシーバスにドンピシャです!

追記:2020/05/31スコーピオン2832RS-2購入しました。

レビュー記事用意したので、下記リンクからご覧ください。

待望のスコーピオン2832RS-2を徹底レビュー
待望のスコーピオンシリーズのロングロッド2832RSを購入したので、早速レビューしていきます。 購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

パックロッドの方はベイトがパワーゲームに最適な15103RS-5,1604SS-5と

エリアトラウトまで対応可能な2600FF-5が新たにラインナップに加わりました。

 

超絶コスパロッド New ゾディアス

釣り竿 ブラックバス

いやー!

シマノさん!

これ、本当に定価2万円以下でいいんですか!?

今までのゾディアスだってハイエンドモデルに肉薄する使用感で実売価格が1万円代前半の超コスパロッドだったじゃないですか!

にもかかわらず、グリップエンドが超高感度でハイエンドモデルにしか搭載されていなかったカーボンモノコックグリップになって殆どお値段据え置きでいいんですか!?

おまけにいきなり発売から30モデルの多彩なラインナップ

他社さんの1万円代前半のエントリーモデルのロッドが息してませんよ?

 

ちょっとした、茶番テイストでお届けしましたが

実際、私がシマノ党と言うことを差し引いてもとんでもない超絶コスパロッドが発売されます。

もう、入門用のバスロッドはゾディアス1択です。

 

常識に反逆せよ。REBELLION

釣り竿 ブラックバス

お次はダイワの新しいバスロッド

REBELLION(反逆)です。

ニューブランドと言うことで、非常に注目度の高いモデルですよね。

コーナーにも非常に人だかりが出来ており、期待の高さもうかがえました。

知らなかったのですが、このオレンジ色は『DAIWAオレンジ』というダイワの伝統的カラーだそうで

言われてみれば、プレッソとか初代ピクシーなんかもオレンジでしたね。

その『DAIWAオレンジ』を纏うわけですから、ダイワの本気度がうかがえます。

その本気度はラインナップからもうかがえて、現時点でカタログには43種類もラインナップがあります。

ULのライトリグ用ロッドから4オンスまで対応可能なヘビーロッドまでラインナップされています。

そんなロッドがどうやら店頭売価でアンダー2万円との事!

これはシマノ党のわたしも浮気しそうな超コスパロッドの予感がしました。

 

さいごに

如何だったでしょうか?

個人的な好みががっつりと反映されたレポートとなりましたが

お楽しみいただけたでしょうか?

皆さんの新製品の購入の参考になれば幸いです。

釣りビジョンがスマホで見れるってご存知ですか?

今なら2週間のお試し無料お試し見放題も付いてきますよ

気になる方は下記リンクをご覧ください!



コメント