ズームサファリ765Lでベイトフィネスは出来るのか?を検証!【 zmsc-765l】

ズームサファリタックル
スポンサーリンク

どーも。

今日は先日レビューをさせて頂いたズームサファリ765Lでベイトフィネスは出来るのかっていう検証です。

先日のレビューはざっくりとしたファーストインプレッション的な内容をさせて頂いたので

今回はもう少し深掘りをしてみます。

スペック的には2-15gのファストテーパーという事でいかにもベイトフィネスも行けそうな印象ですよね。

そこに期待している人も多いと思うので、4g以下のルアーを中心にあれこれ試してきました!

 

先日のレビューをまだ見てないって方は是非下記リンクからご覧ください!

【大人気】待望のベイトモデル!ズームサファリ765Lのインプレ!
最大3か月待ちにもなっているアブの大人気シリーズのズームサファリシリーズに待望のベイトモデルが発売されました。 今回はベイトモデルでももっと長い765Lを購入しましたので、レビューをお届けしていきたいと思います!
スポンサーリンク

 重要なのはどこまで軽いルアーがキャスト出来るのか?

ベイトフィネスをする上で重要なのが、当然ですがスピニングで使う様な軽いルアーをキャスト出来るのか?
ってことです。

先日のレビューの際はRevo LT7にPE1.5号を100m巻いてスプール合計16.gでブレディ1.8+スイングインパクト3.5インチなどの6gクラスが問題なく使えていました。

 

なので今回はこれより軽い4gのルアーから初めてどこまで軽いルアーを使うことが出来るのかを検証していきます。

で、検証に使うタックル構成ですが

12アルデバランBFSに8本撚りPE1.0号を50mというセッティングです

12アルデバランBFS

これでスプール重量が12.1gです。

スプール

普段ベイトフィネスなんてほとんどしないので、若干リールが古く性能が心もとないしラインも太いですが

さすがに1gを切るようなのは最初から無理だとわかっていますので、とりあえずこのセッティングになりました。

使ったルアーは2.0~4.0gのジグ単

今回のテストに使ったのは2.0~4.0gのジグ単です。

軽量ジグ単

一番上が1.5gジグヘッドでトータルで2.0g

そこから0.5g刻みで

トータルで2.5g・3.0g・3.5g・4.0gです。

もう少し抵抗の大きいスモラバとかも使おうかなーと一瞬おもったのですが、76という長さを考えれば
ソルトベイトフィネスってことになるだろうという事で

ソルトのベイトフィネスでもっとも出番が多いであろう、ジグ単という事になりました。

今回の条件でスペックの下限の2.0gまである程度キャスト出来れば、最新のベイトフィネスリールにもう少し細いラインを使ってやれば1gクラスのジグヘッドでのアジング・メバリングまで視野に入るはずだろうという目論見です。

 

3.0~4.0gは余裕でキャスト出来る

メバリング・アジングを想定してナイトで飛距離を測定してみたのですが

3.0~4gは非常に快適にキャスト出来ました。

こっちが4.0gで

4g飛距離

こっちが3.5g

3.5g飛距離

でこれが3.0g

3.0g飛距離

3.0gまでは割とピーキーなブレーキな12アルデバランBFSでも気にすることなく、フツーにキャスト出来ました。

難しい事を考えずにキャスト出来るのがこのあたりかなーと言った感じです。

テイクバックでキレイに曲がってくれて、楽なキャストが可能です。

ただ、ライン込でのスプール重量は12gなのでそれなりに軽いスプールを使っています。

なので、アブのロキサーニBFSのようなスプール重量の重いBFSの入門機や

SLX MGLやタトゥーラSVのような低価格帯の32mmスプールに糸巻量を抑えてラインを巻く方法だとこの辺りも厳しいかもしれません。

飛距離の方は、若干太目なラインに旧モデルのリールという事を鑑みれば個人的にはこれで十分です。

メバルやらアジングなどのソルトのベイトフィネスであれば飛距離を出したいなら、フロート等もあるので
飛距離については3.0gあれば実釣に問題はないと思います。

 

3.0g未満から徐々にしんどくなっていく

キャストに気を使い始めたのは2.5gからで、何も考えずテイクバックを取ってキャストをすると若干ルアーの自重でロッドを曲げ切れていない感じが出てきます。

そのせいでキャスト精度も明らかに落ちるので、快適か?と聞かれると快適ではないのですが

やってやれないことも無いレベルです。

解決策としては遠心ブレーキのリールなので、スイングスピードを上げてロッドを曲げてやればきれいに飛んでいきます

飛距離も個人的には実釣には支障ないレベルです。

 

2.5g飛距離

17mほど飛んでいますが、リールが足を引っ張っている感覚がこの辺りから非常に強く12アルデバランの限界がこの辺でした。

このタックルでは2.0gが限界

最後に試したのが2.0g

2.0g飛距離

飛距離以前に、かなりルアーの重さをロッドに乗せるにはそれなりにコツと神経を使う様になります。

決して、キャスト出来ないというレベルではありませんが

今回はリールとの相性が非常に悪かったせいで、非常にキツかったです。

フツーにテイクバックを取ると、ウエイトを乗せにくいでの
スイングスピードを上げてロッドを曲げるのですが・・・

ブレーキがとにかく合わないわけです・・・

スイングスピードを上げてスプールが急加速する様な、強いキャストを想定していないリールですし

ブレーキの設定幅もピーキーなリールなので仕方のないことですが・・・

 

とはいえ、最新のマグ系のブレーキにしてやれば解決するのでリールさえ変えてやれば2.0gまではキャスト可能だと思います。

結論

結論はズームサファリ765Lでベイトフィネスは出来ます!

リールさえ最新のベイトフィネスリールにしてやれば2.0g以下も見えてくるレベルです。

本当に万能なロッドです!

購入を検討している人には非常にオススメの1本です。

 

 

コメント